ある日突然永瀬廉くん Just be yourself, there is no one.

永瀬廉くん、Mr.KINGにある日突然はまった大人のブログです。あがあがしています。

ジャニーズJr.dex「真冬のプール対決」の永瀬廉くん その2(デビュー決定前の下書きから)

デビュー決定前の下書きを元にアップします。
フジテレビで月に1度放送されている「ジャニーズJr.dex(ジュニアデックス)」
「真冬のプール対決」
前回記事に続き、その2です。
ぽつぽつ書き加えたから記載に濃淡があります、もうどうにもならない…ごめんなさい。
guru-mi-123.hatenablog.com



KINGチームに加わるのは、Snow Man
Snow Manのことを、平野「大先輩です」

そして岩本照くんの素晴らしい腹筋を前に
小沢「二礼二拝二拍手」
出演者みんなで拝みます。←分かる、拝むの( ・∇・)
岩本神社に「廉くんにも筋肉が付きますように!」とお願いしておきました。


紫耀くんの「大先輩」コメントに対応し、Princeチームに加わるSixTONESのことを
岸「ちょうどいい先輩」←うまい!( ・∇・)


SixTONESという、グループ名について話しているジェシーに対し
井戸田「しゃべり方がチャラいホストみたい」

爆発力を見せてくれ、とフラれたジェシー
「どんぐりコロコロ、コロンビア~に着いちゃった♪」
メンバーが「いいよ、いいよ~」とパチパチ←あったかい!

井戸田ホリプロコムの若手は軽く超えてる」
褒められたよ、ジェシー



まずは、Poolno(プールノ)エクササイズ対決
プールノとは、プール専用のエクササイズ用ボードとのことですが、要はでっかいビート板みたいなもんですね…

1チーム4人が登場。1つのPoolnoに1人乗って、先生と同じポーズをとって、水に落ちたら失格です。


Mr.Kingチームは、Kingから廉くん、海人、Snow Manから深澤くん、岩本照くんです。

Princeチームは、Princeから岩橋くん、神宮寺くんに、SixTONESから京本大我くん、松村北斗くん


水面の不安定なところでポーズをとり、どんどん脱落していく中で、なんと廉くんと北斗くんが残ります!

ここでは、あれを思い出しますね!あれったらあれですよ…
テレ朝の「KINGステーション」でやっていた水上ヨガ
(この回については、記事を書いていなかった、KINGステーションも楽しかったな~)


最後に残っていた北斗くんですが、揺れで具合が悪くて、ヨガ自体やっていなかったということが発覚。

確かに途中、北斗くんの様子が映って「えずいているようですが…」的なアナウンスが入ってました。おえってしていた…( TДT)
北斗くん、その後も、すっかり船酔いキャラになってしまってましたけど…
気持ち悪かったんだろうな、可哀想に(´・ω・`)


結局、廉くんが残ったということで、KINGチームの勝利です!(/・ω・)/

小沢「廉、もう完璧だったよ」
と褒められ、なぜかWinningポーズをとることになる廉くんですが、水中にするっと、あっけなく落ちちゃうというね…ぽちゃっと

もうね、叫ぶしかないですよね
あ~!れんれん!!!って…汗


「それそれ~(笑)」←喜んでる
「King、今年も絶好調です!」
と、小沢さんに言ってもらえて、ある意味おいしいからいいか!廉くん!
紫耀くんとか皆で、笑ってたな~




続いては、Poolno(プールノ)に何人乗れるか対決
番組スタッフさんで試したところ5人までしか乗れなかったとのこと。

このゲームを小沢さんが
「押すな押すな、乗せろ乗せろ、やめろやめろ、これが君たちの熱湯風呂につながります」とのコメントに笑う廉くん。
笑顔カワイイ、小沢さんありがとう


KINGチーム大丈夫ですか?と聞かれて、
「先輩がいらっしゃるので、なんとか指揮をとって頑張りたいと思います」と、ぼやっとしたことを答える紫耀くん←安定


それに対し、Princeチームは作戦を考えているという神宮寺くん
「作戦名 寿司」← ( ̄▽ ̄;)へ?
続いて
北斗「日本の誇りが伝わると思います」
小沢「あれ、ちょっと待って、船酔い大丈夫なの?」

と、船酔いをいじられる北斗くん。


Kingチームは、体が薄っぺらい人から乗っていく作戦らしく
海人、渡辺、廉…と体育座りで乗っていき、岩本くんがPoolnoを抑えている。

対してPrinceチームは、がっちりした人から四つん這いになって土台をつくり、その上に岩橋くんがネタのように乗っていく…


8人目をKINGチームがクリアしたところで、Princeチームは、「回転ずし(by小沢)」になってしまって水中に!
ここでネタの岩橋くん「まだ旬じゃなかったみたいで」とうまいコメント!



水中クイズ対決
水中の障害物をクリアし、フラッグを奪ったら解答できます。


海人対ジェシージェシー勝利)に続いて
2番目に出てきた
廉くんと対決するのは田中樹くん

要は、体がスリム(薄っぺらい)対決…ですね。
紫耀くんとかと並ぶと、体の薄さが際立つ廉くんですが、樹くんと並ぶと気にならない←失礼


廉「正直相性が悪い」
「樹くんと相性悪いんすよね」
「何かやった時いつも負けちゃいます」
「先輩の圧にいつも押されちゃいます」

樹「後輩に恥をかかせてやろうと」
「KINGだか何だか知らないけどど」

廉「勝負はやっぱ真剣にいきます、やっぱ僕は」
「先輩とか関係なく樹くんを倒します」

樹「でも俺、地元で田中プールって言われてるから」

廉「田中プール…(笑)」爆笑しちゃって言い返せない廉くん←返せないけど、ここカワイイ!!!
f:id:guru-mi-123:20180116075615j:plain


問題「フルマラソンで走る距離は何キロ?」
スタートダッシュに出遅れる廉くん
樹くんが「42.195」と答えて

廉「やっぱ相性悪いっす、ほんとに樹くんとは」
「永遠のライバルっす、やっぱ」

「試合終わったけど、これだけ持たせてあげるよ」
フラッグだけ渡してくれる樹くんに、ああって笑って受け取る廉くん

井戸田「何の優しさかわからない」に、廉くん笑ってた~

廉くんと樹の絡みがもっと見たい!
とにかく、体が薄い2人の対決でした!←まとめ、雑…


平野対松村対決(松村勝利)に続いて
体脂肪率4パーセントの岩本くんに対する岸くん

「筋肉とか、でかさとか、関係ないって証明しますよ」とか言って自分で煽っておいて、びくびくしてPrinceチームに戻っちゃう岸くんが可愛い!
そして結局岩本くんに負けちゃうというね…かわいいポンコツ
岩本くん、笑顔がステキですよね、怖くないよね?


佐久間対岩橋対決では、
問題福沢諭吉が描かれているお札は」を聞いて
CMまたぎでPoolnoからアクロバットして、それでも岩橋くんより先にフラッグを奪う佐久間くん!すごい!

しかし、まさかの「千円!」回答…

佐久間くん(/・ω・)/
白い肌、綺麗なお顔で…私、佐久間くんのことよく知らないけど、こういう人なの?

結局、岩橋くんが一万円と回答して、岩橋くんが勝ったものの、いつまでも「旧千円札」とか言ってる佐久間くん。
小沢「佐久間くん、俺らと違う国の人かも」

あ、ここで高地くんが「アクロバットやって忘れちゃったのかも」的なコメントしていたと思います。優しいな~


次の渡辺対神宮寺対決
渡辺照太くんが真面目に話しているところで、後ろから渡辺くんの海パンをパチンとして、頑張れよ、とちょっかいを出す廉くん!!!
何やってるの!?←もっとやれ



ウォーターダッシュ対決
直径2メートルのボールに入り15メートルをダッシュするというもの。


ウォーターダッシュ対決にかけて
小沢さんが
進もうと思っても進めない、それでも前に進もうとする行為が芸能界なんですよ、ただ流れるプールだと自然に進んでくる、それも芸能界という言葉に、すげ~という目で反応している廉くん←相変わらずカワイイです。


岸対深澤
深澤くんの勝利ですが、ぐるぐる回ったため「気持ち悪いです」と答える深澤くん
負けた岸くんですが、小沢さんに「本来、岸くんが持っているリス感が出ていた」と言われ「…よかったです」と答える岸くん、なんだそれ(/・ω・)/


紫耀くん対高地くん対決では、なんとか歩こうとした高地くんが、ボールの中で回転しながら進んでいた紫耀くんに勝利

紫耀くん、その前の障害物でも北斗くんに負けてしまって、「問題が聞こえなかった」(相変わらずの…)と言っていて、持ち前の運動神経のよさが出せてないな~



最後は、競泳リレー対決

「歩けないなら泳げばいい、芸能界は芸能海」という小沢発言に、やっぱり「お~」と指さして感じ入っている廉くん←スナオ

KINGチームはKING3人と
背泳ぎで中学校地区4位の阿部ちゃんに、宮館くんの5人です。

ここでいきなり
宮館「ひまわりの花言葉って知ってますか?」
「君だけを見つめてる」
「君は俺だけを見つめてろ」

井戸田「あま~い!」

それに対し小沢さんが「青い薔薇の花言葉は、不可能から夢は叶うに変わった」と披露して、井戸田さんを指さすと

井戸田「あま~い」
「めんどくさいな」

小沢「こうやるんだよ」
宮舘「弟子にしてください」

え?弟子になっちゃうの?


PrinceチームはPrince3人とジェシー森本慎太郎くん

筋肉を褒められた慎太郎くんが指をパチンと鳴らすと
SixTONES
しぶ~い!
団体芸がすごいな(/・ω・)/


第一泳者 平野対森本
サーフィンやっていたという森本くんの方が速い。


第二泳者 阿部対岸
阿部ちゃん、ほんとに背泳ぎ!
そして本当に速い!クロールの岸くんを追いかけ、かわす!


第三泳者 髙橋対岩橋
岩橋くんは途中で平泳ぎを入れたりして、海人が順調に飛ばして差を広げる


第四泳者 宮館対ジェシー
舘さま速い!


アンカー 永瀬対神宮寺
廉くんが泳いでいる~~!!
クロール、貴重!


ちゃんと迎えてくれるのは海人。こういうとこ天使ですね!本当に。



最後の30ポイントが効いて80ポイント対70ポイントで
KINGチームの勝利です!


阿部ちゃん、背泳ぎを褒められて
「これが地区4位の力です」
阿部ちゃん、頭もよくてすごいなぁ~、文武両道ですね。


これに対し、
「背泳ぎしてたんすか!?」
「どっちが速かったんすか!?」

ポンコツ、岸くん


舘さまも速かったと褒められ
宮館「芸能で夢を与えちゃいました」
そして指さすと…

井戸田「甘~い!」
「あのね、多い、甘い、多い」

宮館「胃もたれしちゃいますかね」
「でも、やりたかったんです」


岩橋くんは、ゴーグルを頭につけたままで、目につけることを忘れていたらしく
Princeは神宮寺くん以外バカと言われる始末。


そしてジェシー
小沢「ジェシーの泳ぎが雑!」
ジェシー「身長が生かせなかったですね」

指をパチンとすると
SixTONES「でか~い」
すごいな!(/・ω・)/


井戸田「挽回するために、もらってもいい?」のフリに

ジェシー「野球選手です、バッター、うちに帰りました…ズドン!」
ジェシーが分かっていない私は…ポカンです。


罰ゲームになったPrinceチームはプール清掃で残るのに対し、ハケていくKINGチーム
スタッフさん側にも挨拶をして帰る廉くんが映ります←そうそう、偉いな


Princeは、真夜中のプリンスをやっていることもあり、バラエティ力の高さを感じました。
SixTONESもね、団体芸ってこういうことなんだな~と…
舘さまの花言葉は、シリーズ化されてるし…


KINGは、ほわほわしていて、出ていかなくちゃ!という瞬発力がね、まだあんまり…
それがいいところでもあるから、なくしてほしくないけど、短い時間、少ない機会でもツメアトを残せるようにもなってくれるといいな~

次回は2月3日(土)深夜3時放送だそうです。
ーーーーーーーーーー
ここまで書いていたんです。
もうデビューが決まりましたね!

この記事を書いていた時は、とにかく1回、1回、廉くんがたくさん映ってほしい!と思っていて…
今は、少し心持ちが違ってはきたけれど、廉くんのことをもっと知ってもらいたいという気持ちは、やっぱり変わらないような気がします…

しかし、正直、まだ、デビューということがよく分かっていない自分…適応力(>_<)